さくらこinなごや

アクセスカウンタ

zoom RSS 演歌は苦手だけど・・・美空ひばりの魅力

<<   作成日時 : 2005/08/30 23:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 11

音楽を聴くときは、人それぞれの聴き方があるものです。
こんな聴き方をするわたしは、ちょっとヘンですが・・・・。

40も半ばになると、若いとき聴いていた歌にふと帰りたくなるもの。
もちろん、青春時代の 「井上陽水」 やら 「荒井由美」 やら 「松山千春」 などは、言うまでもなく・・・・。
ところが、最近 「美空ひばり」 が気になるのです。

特に ♪悲しい酒 と ♪みだれ髪 です。

美空ひばりは親の時代の歌姫です。
小さい頃から、歌謡番組で、拝聴してましたし、代表曲はなぜかほとんど知ってます。
♪真っ赤にも〜えた〜太陽だ〜から〜♪ なんて〜のは、小さい頃歌ってましたし。。。

でも最近、特別番組で ♪悲しい酒 を聴いた時。。。ハッとしました。。。
この、哀愁あるメロディーは。。。。
わたしが、ショパンのノクターンを聴いている(弾いている)時の感じと似ている気がする。

陰鬱に流れる、けして報われることのない哀愁が・・・・。
心のなかを哀しみを ひたひた・・・・と浄化してゆく感じ・・・・。

こうして、今夜も、ショパンと美空ひばりのメロディーを頭の中に流して、
今日一日の句読点にするのです。。。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
ちは!!
美空ひばりの魅力は一言じゃ言えないなあ。大論文になってしまう。。。
譜面を買ってきて弾き語ってみてはいかがですか、グラスをそばに置いて(酔っ払ってこぼさないよーに)。カラオケみたいに初めからテンポが決まっていると、かえって歌いにくいかもしれない。自分の間(ま)で歌うのもいいもんですよ。「悲しい酒」は譜面がなくてもテキトーに弾けると思うけど。Am、Dm、E7だけですから。
「みだれ髪」は大変ですね〜。音域が2オクターブ近くあるから。フツーの人は13度が限界です。挑戦してみなはれ!!
タカオ君
2005/08/31 00:38
こんにちは、さくらこさん。もう行かなくちゃいけないんだけど(笑)ひばりさんの話題が出てたので〜♪
ひばりさんは昭和の歌姫ですね、、私もど派手なイメージがあってちとニガテでしたが・・(笑)
あの方のソプラノは実にきれいですよ、、某音楽館のいさおさんと同じく「津軽のふるさと」が大好きです♪

そして「みだれ髪」はもう晩年ですべて浄化されたような澄み切った美しさを感じます。。地声と裏声が自在に出て・・・鬼気迫るものがあります。
ゆうき
2005/08/31 12:04
クラッシックは若い頃は聞きましたが、今ではすっかり・・・・・・ご無沙汰しています。
『悲しい酒』・『みだれ髪』は私も好きな曲です。
美空ひばりに関しては、私は映画で彼女を知った方かな。
東千代之助や萬屋錦之介さん達との競演を思い出します。
当時の娯楽は映画ぐらいしか無かったですからね。
はぐれ雲
2005/08/31 15:32
タカオ君、そうね〜。。一度ピアノで試してみよっかな〜。でも、楽譜はあるかしら。。。
私、楽譜がないと弾けないタイプ(爆)です。。

ゆうきさんいらっしゃい^^
そうなんです。若いときはその濃いイメージがニガテでした。。
私も年かな〜〜。でも、ようやくひばりの良さがわかってきた。。いい年代になったって事だよね〜。

はぐれ雲さんも、いらっしゃい^^
ひばりの映画は見たことがありません。
萬屋錦之介さんは知ってますが、東千代之助さんは、ごめん!知りません。。
機会があったら見てみたいです。昭和の娯楽ですものね〜。
亡父は、無声映画知ってるって言ってました^^
さくらこ
2005/08/31 21:07
伏見扇太郎さんも、黒川弥太郎さんもいるでよう。
忘れないでちょーよ。
うみりっち
2005/09/01 10:59
失礼しました。はぐれ雲さんとさくらこさんの東千代之助(「ひがし」ではなく「あずま」ですよ)に思わず反応してしまいました。
はぐれ雲さん、はじめまして。よろしくお願いします。

あの頃はまだパートカラーで、恋愛の名場面やクライマックスの活劇シーンになると、それまでの白黒映画がいきなり総天然色になりました。それは感動ものでした。

1970年前後もまだパートカラーがありましたよ。場末の映画館のヘンな映画で…、「恋愛の名場面やクライマックスの活劇シーン」(笑)でいきなりカラーになる。
これも感動ものでした。うん?? むにゃむにゃ…。
うみりっち
2005/09/01 11:42
譜面はあります!!熊谷の楽器屋さんで美空ひばりのピアノ用(独奏用)の譜面を見たことがあります。
歌の伴奏については、幾つかの伴奏パターンを知っていれば大丈夫だと思いますよ。ちなみに、私がギターで伴奏するときも、ジャカジャカ弾くパターンを数種類と、アルペジオ数種類と、スリーフィンガー数種類できますが、その中からその曲の雰囲気に合ったものを自分で選んで、勝手に弾いているだけでございます。
コードについても、ほんとに正しいかどうかわかりませんが、だいたいこんな感じ〜で弾いております。シンガーソングライター(主にルミ子先生の教え子さん)の人に聞くと、編曲の段階でコードが変更になることが多々あるそうです。よーするに不協和音でなければいいのさって、ちょっとランボーな意見かしら?
ちなみにルミ子先生の「ピアノ弾き語り入門」(正しいタイトルかどうかは保証できませぬ)がリットーミュージックから出ています。
タカオ君
2005/09/01 20:06
うみりっちさん、こんちわ^^
「銀幕のスター」という言葉がぴったりでしたね。
あの時代(私はリアルタイムではしりませんが)
(なにげに若い!と言っておこう・・・)
バートカラー?知りませんでした。
いろいろ勉強になります。

タカオ君、ありがとう^^
弾き語りは未知の世界なのです。。。
ピアノ弾きながら・・・歌を歌うんですね。
なんか、こっぱずかし〜い感じですぅ。。
トライしてみよっかなぁ。
さくらこ
2005/09/01 21:10
>トライしてみよっかなぁ。

やってみそ♪
じげんG3
2005/09/01 21:56
ちょっとしつこいのですが、バートカラーではなく、パート(Part=部分)カラーです。映画は白黒映画からパートカラーの時代を経て、現在の当たり前のカラー映画になりました。
それ以降の映画を一時期「総天然色映画」(全てがカラー)という言い方をしたのは、パートカラーの時代があったことのなごりです。

例えば山本富士子さんが恋人との別れのシーンを演じるとする。恋人から浜辺で待っているという電話が入る。
富士子さんはあわてて着替えて最後の逢瀬に臨むため、走って浜辺に向かう。まだ白黒です。波打ち際に恋人がポツンと立っている。まだ白黒です。駆け寄って目と目を見つめ合う。この瞬間、パートカラーになるわけです。遠くに沈む夕日もそれまでの白黒から真っ赤に切り替わり、青い海を染める。結構、感動するんですよ。
ふぅっ、あぁぁ、お邪魔しました(笑)
うみりっち
2005/09/01 22:05
じげんG3・・・やってみそ♪かけてみそ♪。
私の音楽に幅がでますね〜。(横幅は自信あり!)

うみりっちさん、わかりやすい説明ありがとう^^
山本富士子さん、きれいな人でしたね〜。(過去形にしてるぅ)
パートカラーですね。覚えました。
・・・・・お疲れ様〜〜〜(笑)・・・・
さくらこ
2005/09/01 22:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
演歌は苦手だけど・・・美空ひばりの魅力 さくらこinなごや/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる