さくらこinなごや

アクセスカウンタ

zoom RSS レッスン日記・・3回音を聴け!

<<   作成日時 : 2006/04/14 23:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

今週は、桜の話題が忙しくて(笑)
レッスン日記書くの遅くなっちゃいました・・・(汗;)
しかも、今日はもう金曜。
明日は、また『皐月賞』の予想に入らなくてはいけないので・・・今日しかない!
と、いうことで、レッスン日記です(^^ゞ

  ・ハノン39番 音階f moll
  ・ハノン41番 アルペジオf moll
  ・バッハ 春秋版 シンフォニア2番
  ・モーツァルト ソナタK280 第一楽章           
  ・メンデルスゾーン 無言歌集 Op19、No1 「甘い思い出」


バッハ・・・すいぶん上手くなったと、お褒めの言葉・・・。
先生は、飴と鞭の使い方がお上手なので・・・おだてられると、私しゃ木に登るわ^^
次週からは、以前習った「インベーション2番」もやってくるように・・・と。
シンフォニア2番とは同じ調なので、同時に弾くといいらしい。。

モーツァルト・・・このK280第一楽章の最初のレッスン。
画像


この三連譜のところ、なんかややこしくて・・・。
これを克服するには、リズム練習ですね。
タッカタン」とか「タタタン」とか「タンタタ」とかいろいろやってみよう。

メンデルスゾーン・・・曲の一番盛り上がるところが、せせこましくなっているらしい。
盛り上がるところ=一番難しいところ・・・なので、
ついつい、早く通り抜けようとするらしい・・・。
・・・・ゆっくり落ち着いて・・・。



この日の目からウロコの先生のお言葉は・・・・。
巨匠ピアニストは三回音を聴く
どういう意味かというと・・・。
1回目 音を弾く前に、もう弾こうとする音を聴いている。
2回目 実際弾いた音を聴く。
3回目 弾き終わった音を聴く。 
 ・・・・・・と、言うことらしい。

・・・・なんとなく、わかるような、わからないような・・・(^^ゞ
ま、凡人の私には、とうていわからんけど、意識するとしないとは大違いなので、
意識だけは、しとこか。。。(笑)

早い話が、「自分の音をよく聴こう!」という事でしょう。多分ね♪


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ピアノの話題につられて書き込みです♪
「音を弾く前に」っていうのは、音を鳴らす前に、頭のなかに明確なイメージがある、ということじゃないでしょうか?さくらこさんもやってらっしゃることだと思います。タッチ、音色、音量、次の音とのつながりは、とか。
「弾いた音」・・・これは打鍵の瞬間ですよね。
「弾き終わった音」・・・去年、調律師の方にピアノの構造や、音が鳴るメカニズムについて教えていただいた時に知ったことなんですが、ピアノという楽器は構造上、打鍵の瞬間から音が変化するんですね。もちろん打楽器(広い意味で)なので、打鍵の瞬間から音量は減衰していくのですが、それだけではなく、1音に対して3つある弦同士の共鳴・うなり、他の音との共鳴とか、いろんな要因で音が変化する。巨匠はそれを聴いてる、ってことじゃないでしょうか? 4分音符とかの長い音を弾く時や、フォルテを鳴らす時に、指を鍵盤の奥にむけて押し込んだり、ピアニシモの時に指を手前に「かきこむ」ような弾き方をしますよね? あれも「弾いた後の響き」を変えるためのものだそうですよ。
長文失礼しました。私の見解です。間違ってるかもしれませんが。
ねこまっく
2006/04/16 13:35
ねこまっくさん、こんにちは^^
詳しく書いていただいてありがとうございます。
・・・そうですよね〜。
弾き終わった音って案外意識してないですものね〜。
ただ、倍音はようやく耳に入ってくるようになりました。
ピアノに音は、しかし正直に自分に返ってくる、そんな気がする今日この頃です。
巨匠には遠く届かなくても、自分なりの最高の音色にこだわって、弾きたいです。。
さくらこ
2006/04/16 16:46
さくらこさん、そして、ねこまっくさん、こんにちは!

ねこまっくさんの見解、すばらしいですぅ。
私はもっと素人っぽく考えてみました。
TVか新聞かで、鍵盤弾きの頭の使い方とかいう、コラムがありました。うろ覚えでゴメンナサイ。
弾く人は、これから弾こうとする音をどんなタッチで弾くのかまず想像し、実際打鍵した音を聞き、その後の減衰音や音色の変化を聞き、フィードバックし修正をしながら、次の打鍵・フレーズをイメージしていく、というものだったと思います。
たぶん、鍵盤弾きなら当たり前にやっていることなのかな。
私の場合は、修正をかけるのが下手で一曲ごと頭から終わりまで、ああこのタッチぢゃダメダメ〜って思いながら曲が終わっちゃうことが多いです。
単に、練習不足ですね。すみません。

ねこまっくさんのご紹介されていたピアニシモでの「かきこみ」奏法、ピアニストの方が皆さんがやってらしたので、マネしてみたら割と小さな音が出やすく感じました。
(キーボード弾きである私は指の力が弱く、ピアニシモをピアノで表現するのが苦手です。)

遅いコメントでゴメンナサイね。
では、また。
よこりん♪
2006/04/17 09:35
よこりん♪さん、いらっしゃいませ^^
そうなんです。
タッチ一つ、力のかけ方一つで、音が変わってしまう、デリケートな楽器なんですよね〜。
今、現在進行中なんですが、指の重みで弾く方法を研究中です。
研究というと聞こえがいいですが、早い話、先生にいつも注意されているんですよ〜(^_^;)

ピアニッシモは私も苦手です。なんかドキドキしちゃって(汗;)

こうやって、ねこまっくさん、よこりん♪さんとピアノ談義が繋がってうれしいです(*^_^*)

いえいえ、古い記事にもどうぞご遠慮なくコメントくださいな〜。嬉しいで〜〜す(*^_^*)
さくらこ
2006/04/17 20:43

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
レッスン日記・・3回音を聴け! さくらこinなごや/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる