さくらこinなごや

アクセスカウンタ

zoom RSS レッスン日記・・譜読みとは?

<<   作成日時 : 2008/12/03 22:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

と、その前に・・・最近パソコンの調子が悪い
かれこれ・・・5、6年は使っていると思う。。
スイッチを入れるると、カラカラと変な音を立てて起動せず。。。。

そんなことが今日で2度目。。
そろそろ、寿命か

データもバックアップしていないので・・・やばい。
今日、USBメモリーを買ってきた。


もし、私がココの更新なり、コメが無い時は・・・PCが壊れた時と、思って下さい<(_ _)>


それか・・・・だれか新しいPC買っておくれ〜〜〜〜






では、レッスン日記です。


  ・ハノン16番
  ・ハノン39番 音階cis moii
  ・ハノン41番 アルペジオcis moll
  ・バッハ 春秋版 シンフォニア10番 インベーション10番(復習)
  ・モーツァルト ピアノソナタK310ハ短調     
  ・ショパン 「幻想即興曲」嬰ハ短調Op66 遺作





バッハ・・・・先生がおっしゃった。。
先生「右手の最初の音、アクセント付いてるけど、どういうアクセントかわかる〜?
   「ただのアクセントじゃないのよ〜
私「はぁ。。。。
先生「さくらこさんも、そろそろ譜読みできるようにならなきゃね


そうかもしれない・・・私が『譜読み』と言っているのはタダの『音読み』なのかもしれない。
楽譜に書いてあること、例えばどうしてアクセントが付いているのか、
どうやったら、そのアクセントの音は出せるのか・・・・・

画像


                    (↑右手最初のアクセント)

ここは、シンコペーションになっているから、次の拍の音をもらって強調する・・・・
たぶん、そう言うアクセントだと思う。。
当然、次の音は弱く入る・・・・そんなところか

ただ、音を読むだけでなく、「譜を読む」ことをこれからは意識しなきゃと思いました。



モーツァルト・・・・数箇所弾きにくいところを先生と一緒にゆっくり練習。
4拍子を感じて 「強・弱・中強・弱」を、あくまでも自然体で弾くように。



ショパン・・・・『フォルテ』と『ピアノ』の差がないので、もっと付けること。

先生「私たちはポピュラー音楽を聴きなれているせいか、強・弱の差がなくなってきてるのかもね

そう言えば、CDでクラシックを聴いていると・・・・
ピアノ(弱)のところは音が聞こえなくて、ボリュームを上げるのだけど、
フォルテ(強)のところでは、音が大きする。 
                       と、言うことがよくある。




しかし、やっぱりピアノ(音楽)は底なし沼なのよ。。。
次から次と・・・・課題が降って沸いてくるのですぅ






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
私はまだそこまで深読みしてないなあ。。。ギターの譜面も、やっぱりスタッカートとか<>とか細かく書いてあるんだけど、そのとおり出来てません。まだまだですね〜。独奏は歌モノの100倍くらい時間がかかるかもしれない。。。
タカオ君
2008/12/04 00:32
譜は読めません。
でも感覚的には行ってる意味が分かります。
また奥深さも理解できるような。

カメラもね、ありのまま写すのは機械だけど
魅せる画を創らないとダメなんすよねぇ。

お互い、p(^^)q
G3@中高年フリーター
2008/12/04 00:33
タカオ君、こんばんは^^
私も、楽譜を「深読み」することが今までなかった。。。
弾けないところは、ゆっくり練習とかいろいろするけど・・・
どうして、ここにこんな記号が!とはねぇ。。
ま、これから意識して「譜読み」します^^

G3@中高年フリーターさん、こんばんは^^
めずらしく、真面目なコメだったので笑いました(爆)
いえいえ、ほんとに奥が深い趣味ってのは乙なものですねぇ。。
少しづつでも、上達していくのが醍醐味。
カメラも、魅せるのは難しそうです。。
お互いp(^^)q 研鑽しましょう♪
さくらこ
2008/12/04 21:47
譜面から作曲者の意図を読み取る、いわゆる解釈と言うものですね。
これはなかなか難しいですね。
タイムマシンで過去に行って直接聞ければ良いけど・爆

クラシックはダイナミックレンジが広いからpppからいきなりfffとか有るのでアナログレコードなんかは針飛び起こさない様にボリュームに気を使いました・笑 
ウフウフ
2008/12/04 22:05
PC大丈夫でしょうか

ひぃー、「譜読み」とはそういうことだったんですか…!
私は全然できてません

さくらこさん、ハノンは3曲もやってるんですね。
アルペジオ、難しそうです

2008/12/04 23:10
ウフウフさん、こんばんは^^
「解釈」う〜〜ん、わたしなりの「解釈」になってもいいのかなぁって感じ^^;
全然違ってたりして(爆)
そう、クラシックはボリュームに注意です(笑)
現代人はポピュラー耳になってるからなぁ。。

夕さん、こんばんは^^
おかげさまで、PC今夜も起動できました(^^ゞ
壊れる前にデータを保存しなきゃです(汗;)
アルペジオ・・・譜面づらはむずいけど、そうでもないよ♪
ハノンは指慣らし・・・いつも短時間です^^;
さくらこ
2008/12/05 21:44
さくらこさん、モーツァルト、レッスンされてるのですね。どんな感触ですか?私は短調のソナタ、断念気味ですが、、、さくらこさんの仕上がり、楽しみにしています。
nyaoko
2008/12/07 19:13
nyaokoさん、こんばんは^^
もう一つの短調のモーツァルトソナタでしたね^^
私が弾きたい「幻想曲」のカップリング曲。。
私も、いつか弾いてみたい
310番の前半はなんとか譜読み完了。
ただ・・・まだ早く弾くと崩れるんです(汗;)
う〜〜〜。。仕上がり?いつになるんでしょう^^;
さくらこ
2008/12/07 21:51
こんばんわ。
譜読み…ただ音を拾って弾くのじゃなく、曲の構成をわきまえながら弾かないとダメなんですよね。
私も苦手でしたが(-_-;)
pで弾くところは、結構散漫になってしまうし…。
納得行く音楽は、難しいです
ハーモニー
2008/12/12 20:46
ハーモニーさん、こんばんは^^
「曲の構成をわきまえながら」は、難しいですね〜^^ 長い曲はなおさら、聴き手をあきさせないように。。なんて、もっと難しい(>_<)
納得のいく音楽って、私はまだナイに等しいです
さくらこ
2008/12/12 22:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
レッスン日記・・譜読みとは? さくらこinなごや/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる