さくらこinなごや

アクセスカウンタ

zoom RSS レッスン日記・・・呼吸と時計

<<   作成日時 : 2009/06/02 23:21   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 10

早いもので、6月ですねぇ。。
この季節になると さだまさしの「梅雨のあとさき」という歌を思い出します。。

でも、まだまだ爽やかな風が吹いてきます

あ、ハッピーバースデー つゆ〜〜

ってのもありました。。 今月は誕生月なの〜・・・ボソッと言ってみました(爆)



あは(^。^) レッスン日記でしたね(苦笑)


  ・ハノン19番
  ・ハノン39番 音階g moll
  ・ハノン41番 アルペジオg moll
  ・バッハ 春秋版 シンフォニア12番
  ・モーツァルト ピアノソナタK310第一楽章&第二楽章 

            (先週と変わっていません) 
 


バッハ・・・・この曲はとにかく明るく
ミスタッチしてもいいから、拍子に乗ること。。
先週の課題はなんとかクリアできました^^



モーツァルト(第一楽章)・・・・↓後半の譜面です

画像


左手、早いパッセージが続きますが、左手に右手を合わせるのではなく、
あくまでも、右手で拍子を取り主導権を持つこと。

あぁ、私、ついつい左手に右手を合わしていました。。
だって・・・左手難しいもん(爆)

しかし・・・先生はこうおっしゃた
先生「ずいぶん左手もコロコロ動くようになったね。。右手が動けは左手も動くようになるから〜

思えば・・・大人になってから最初に弾いたモーツァルトは「きらきら星の変奏曲」だった。。
簡単かと思えば・・・バリエーションを進めるうちにだんだん難しくなって、
結局、完成しなかった。。

あの時から比べれば、ずいぶん指がモーツァルトのコロコロさを出せるようにはなったかなぁ。。




     (第二楽章)・・・・・出だしがやっぱりウマく行きません。

画像



私はいつも、いきなり弾き出すようです。。
それは、言ってみれば「時計を回さず」弾くようなもの。

先生はこう説明してくれた

厚いゴム風船を膨らますにはどうする〜?
最初に、いっぱい息を吸うでしょ?


さくらこさんは、息を吸わないで膨らまそうとしてる


そうなんですねぇ。。
そういえば・・・今までアップした曲も、いきなり弾き出すこと丸出しでした

メトロノームとは言いません、時計を回して下さい」と・・・・・


こういうことは、意識しないと直りません。
今週からは、意識して弾き出すように 充分注意 です。。


そうそう、こんなことも教えていただきました
           「マンハイムの花火」


これは、冒頭部分のように上昇する音型のことだそうです。
モーツァルトもマンハイムに滞在してたので、流行の音型を取り入れたのかなぁ。。










I loveモーツァルト
楽天ブックス
著者:石田衣良/「熱狂の日」音楽祭出版社:幻冬舎サイズ:単行本ページ数:134p発行年月:2006年


楽天市場 by ウェブリブログ






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
モーツァルト・・・苦手でしたね〜
すっごくストレス溜まってしまって メヌエットでも
淡々と弾くことの難しさ?
それだけ技術が必要になるというのでしょうか?
自分の今の力が まんま見える 見えてしまうというか
なので凹みも大きかったことを思い出します
古典というのはそんな感じかなぁと なかなかチャレンジできずにいます
ソナチネもなかなか進まないし・・・
意識することで変わってくれるといいんですけどね〜

あれだけ素敵なピアノの音なのに
まだまだ課題があるなんて ビックリです

2009/06/03 07:50
kさん、こんばんは^^
モーツァルトは、そうそう!自分の技術のなさが露呈する、怖い怖い曲ばかり(爆)
「きらきら星の変奏曲」はまさにそんな曲でした(汗;)
>まだまだ課題があるなんて ビックリです
いやぁ、課題だらけですよ。。
いろんな曲をやりつつ、マスターできたらいいなぁと思っていますが・・・永遠にムリですね(苦笑)
さくらこ
2009/06/03 23:06
今更ですが、さくらこさんは毎週レッスンだったのですね
5曲もやってらっしゃるのにすごいです♪♪

「いきなり弾き出す」私も同じこと言われてました〜
自分だけじゃ絶対気付かなかったなぁ…と目からウロコでした

モツ様…さくらこさんのブログを拝見してると、ソナチネ買ってきて、やってみようかなぁなんて思っちゃいます。(思うだけ…爆)

2009/06/04 11:04
脳内メトロノームで数拍おいて弾き出す様にしてはいかがかしら?
呼吸も整えてね。
キラキラ星変奏曲の12曲弾こうとすると段々難しくなってきて止め〜ってなりがちですわな・笑
ウフウフ
2009/06/04 21:10
夕さん、こんばんは^^
毎週・・・いえ、正確には一ヶ月に3回です^^
年間36回!
と、言う事で今週は休みなのよ〜^^
5曲と言っても・・・ハノンは曲のうちには入れないので・・・3曲か(^^ゞ
私、一曲集中ができないタイプなので、あれこれ弾いた方がいいんですよ。。
一曲集中したいんですが・・・飽きる(爆)
モーツァルト、いい指の練習曲になりますよ♪
さくらこ
2009/06/04 22:09
ウフウフさん、毎度!
そう、その数泊おく、のが意識しないと出来ないんですよね^^;
長年に渡り悪いクセが付いてしまって・・・直すのはひと苦労(._.)
「きらきら星変奏曲」は、なかなか手ごわかったぁ。。
あの最初でさえ、2拍子がウマく取れなくて(^_^;)
どうも私は、拍子感がナイということが、この曲で明らかになったのです(爆)
さくらこ
2009/06/04 22:13
「弾く前にイメージしてから」と、私もよく言われていました。最初の音、フレーズの始まりと終わりの音・・・。これは意識すればすぐ直ると思います^^

モーツァルトのコロコロ、スケ2のコロコロとは少し違うかもしれませんが、片手で何も考えなくても表情がついて指が動くぐらいまでになればメロディーがリードしてくれると思います。伴奏に合わせると、メロディーが引きずられて後ろ向きになってしまいません?

連弾でも、伴奏者が下手だとメロディーが安心してうたえないんです。「プリモの演奏きれいね」って言ってもらうには伴奏者の技術と表現が必須になるので、「メロディーをうたわせてあげる伴奏作り」頑張ってます^^
hana
2009/06/05 11:39
hanaさん、こんばんは^^
そうですねぇ。。モーツァルトのコロコロとショパンのコロコロは、違いますね。。
どこが違うのか・・・解らないけど、違います(苦笑)
うん。うん。曲の仕上がりを決めるのは、伴奏ですよね^^
ショパン「ノクターンop9−2」の左手和音は特にそう思います。
濁りのない和音。軽い和音。じゃないと歌えませんものね〜。。
さくらこ
2009/06/05 22:23
参考になれば。
もう見てるかな?
http://www.youtube.com/watch?v=fmBpeXu-NVQ
ウフウフ
2009/06/07 21:36
ウフウフさん、毎度^^
あ、ありがとう<(_ _)>
いくつか見てますが・・・これは初めて聴きました。
早速お気に入りに入れました♪
さくらこ
2009/06/08 00:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
レッスン日記・・・呼吸と時計 さくらこinなごや/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる