さくらこinなごや

アクセスカウンタ

zoom RSS ピアノと私・・その壱(幼児期)

<<   作成日時 : 2009/08/28 23:04   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 12

人生も半世紀が過ぎ・・・・
集大成である「音楽祭」も終わり、「ピアノと私」というテーマで
出会いから、どのようなピアノライフだったかを、重い腰を上げて書いて行きます。
ま、不定期更新ですが・・・最後まで辿りつけるでしょうかねぇ。。(笑)



時は昭和39年春

幼稚園に入園した年です。

母の手につながれて、初めてピアノ教室の門を叩いた
(叩いたかどうかは、疑問?)

どうやら、幼稚園の担任の先生が自宅でピアノを教えているというので・・・
母は、通わせようと思ったのか。。
そうそう、母はこんな事を後になって言っていたっけ。。

自分は音符が読めないので、小学校の音楽の授業についていけるように・・・」と。


当時我が家はまだ借家住まいで、到底ピアノなんて買ってもらえず・・・
それでも、当時最新式の「オルガン」を買ってもらい習い出した。

画像


               (レトロな雰囲気で、お気に入りのフォト。。)



先生は幼稚園の先生だけあって、
今で言う“リトミック”もどきのレッスンをして下さった。

マグネットを使った五線譜やら、和音当てクイズやら、タンバリンでリズム打ちやら・・・・
幼児が音楽に親しめるようにと、当時としては結構斬新なレッスンだったような気がする。


使っていた教材は・・・「オルガン・ピアノの本



みんなのオルガンピアノの本(1)
ヤマハミュージックメディア
財団法人ヤマハ音楽振興会

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ




今でもあるんですね〜

このシリーズを4巻やった。。

途中、へ音記号が読めないという「壁」があったことを記憶しているが・・・
どうやって克服したのかは覚えていない。。


とにかく、“あいうえお”を覚えると同時に覚えた“ドレミ”でした。。


そのあと、バイエル併用の本をやった。







    (本の画像がないが、たぶんこの本だと思う)


その後、子供のバイエル(下) いわゆる黄色いバイエルです。


子供のバイエル 下―初級
全音楽譜出版社

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ




このバイエルの後半90番くらいだったか・・・
私は小学4年生になっていた。

この後、私のピアノ人生の中での転機がおとずれる。。。


昭和44年春

借家住まいから、一軒家を建てたので引っ越すことに。

ピアノ教室が遠くなり・・・・親の言うがままにピアノをやめることとなった。。



                                    ・・・・・・・つづく




      不定期更新です。
              続きは気を長くお待ちください



  

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ピアノと私・・その弐(思春期)
「ピアノと私・・その壱(幼児期)」について レッスンがお休みだと、いろいろピアノについて考えてしまいます。。 ...続きを見る
さくらこinなごや
2010/02/24 22:38

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
素敵なお写真ですね〜
そしてお母様も素敵なお母様
>小学校の音楽の授業についていけるように・・
私の場合 もう友達と遊べない時間がどうしてもイヤでイヤで。。。
なんでこんなにやらないといけないの?と考えていたのか やりたくない気持ちの方がつよくて身につかなかったのか
あのとききちんとやっていれば・・と後悔
人の親になってはじめて知る我が親の気持ちだったりします ^^;
反発ばっかりしてたからなぁと ちと反省(^^ゞ

素敵なお母様ですよね〜本当に
このお写真からそのお母様のさくらこさまへの愛情が伝わってきます

またつづき読ませてくださいね〜
楽しみにしています(^O^)/

k
2009/08/29 00:32
私たちの時代、女の子の家に遊びに行くと、みんなピアノ持ってたよね〜。今よりも流行っていたような気がします。
私はそのころ、少年剣道の会に入って、けっきょく高校卒業までやりました。

また続きが楽しみだなあ。。。
タカオ君
2009/08/29 02:22
お写真素敵ですね!!楽しく読ませていただきました。私も続き楽しみです。
あひる
2009/08/29 21:48
kさん、こんばんは^^
そう、今ピアノを弾けるって事、母に感謝です
この後、習字やらそろばんやら・・・いろいろ習ったけど、ピアノのレッスンが一番好きだったなぁ。。
母は私が28歳の時亡くなったけど、今もピアノ弾いてるなんて知ったら驚くだろうなぁ。。
はい、期待しないで待っていてくださいね♪
さくらこ
2009/08/29 21:49
タカオ君、こんばんは^^
あはは(^_^;) この時代、女の子はピアノ習っている子多かったですよね。。
今はほら、価値観が多様化してるから・・・
へ〜〜^^ タカオ君、剣道やってらしたんですね!
意外?と言うと失礼かしら〜??
さくらこ
2009/08/29 21:53
あひるさん、こんばんは^^
大昔のフォトで、ちょっと見ずらいけど、「三丁目の夕日」みたいでしょ(笑)
続きは・・ぼちぼち参ります(^_^;)よろしくね♪
さくらこ
2009/08/29 21:54
子供の頃の写真、状態良く保存して有りますね。
私の習いはじめは家に観たこと無い物(ピアノ)が運び込まれて変なおっさん(先生)が座っていて親がそのおっさんの隣にすわれと言ったのですわっておっさんの言うままに鍵盤を押さえたのが始まり。
ウフウフ
2009/08/30 20:20
あれー。さくらこさんも、最初はオルガンだったのですねー!とうれしくなってしまいました。私も最初はオルガンでした。ピアノを買ってもらえなくて・・・鍵盤が重たいので、変なクセついちゃいましたが。笑
nyaoko
2009/08/30 20:36
ウフウフさん、毎度!
ピアノとの出会いって、みんなそれぞれ思いでになってるものですね^^
先生はおっさんだったんですか〜?(笑)
いまのウフウフさんより若かったんじゃないかと思うけど(^_^;)
さくらこ
2009/08/30 21:57
nyaokoさん、こんばんは^^
はい、オルガンでしたが・・・この後、鍵盤が足りない曲が出てきて、困った事に(+_+)
そうそう、やっぱりオルガンの手になっていて、ピアノのタッチに慣れるのが大変でしたぁ(-。-)y-゜゜゜
さくらこ
2009/08/30 22:00
こんばんわ。
気持玉、ありがとうございました♪
音楽祭、お疲れ様。
素敵なミディアムドレス、良くお似合いでした。
そして、ゆったりとした「月の光」難なく弾きこなされて♪
さくらこさんの幼少時、とても可愛い〜。
私のピアノは小1からで、小6でやっとピアノを買ってもらえました。
その時の嬉しさは、なんとも言えませんでした。

私はいきなりバイエルから教えていただき、電車を乗り継いで習ってました。

オルガンピアノの本、今でもありますよね。
小さい生徒さんに持って来いの教本だと思います。
ハーモニー
2009/09/02 19:44
ハーモニーさん、こんばんは^^
あ、音楽祭聴いて下さってありがとうございます<(_ _)>
いやはや、難なくじゃなくて、いろいろ難が次々と襲ってくる演奏でした(+_+)
指が震えるって久しぶりに経験しましたし。。
あ、私も小6でピアノを買ってもらいました。
(偶然ですね・笑)
この後のつづきにそのあたりの事を書く予定です。
オルガンピアノの本、今でもあるってすごいですねぇ。
もう、45年も前からあったのよ〜(^^♪
さくらこ
2009/09/02 22:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
ピアノと私・・その壱(幼児期) さくらこinなごや/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる