さくらこinなごや

アクセスカウンタ

zoom RSS ルイ・レーリンク ピアノコンサート

<<   作成日時 : 2009/10/22 22:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

ピアノ(シンメル)を買ったご縁で、輸入ピアノのお店(バロックさん)からのご招待で行って来ました^^

ピアノ誕生300年  だそうです^^

「輝きは時を超えて 〜ドイツピアノの魂〜」と題して
今年も、素晴らしいコンサートを用意していただきました


舞台の上には、80年前のベヒシュタインがあり・・・・
店主バロックさんの渾身の全修復(オーバーホール)です




プログラム

●平均律第二巻より プレリュード嬰ヘ短調 (バッハ)
●月の光〜帆〜沈める寺         (ドビュッシー)
●イエスよ、私の主の名を呼ぶ    (バッハ=ケンプ)
●平均律第一巻より フーガ嬰ハ短調    (バッハ)
●ヴォカリーズ                (ラフマニノフ)
●ノクターン 第13番 Op48−1       (ショパン)

          休憩


●インテルメッツォ Op118−2       (ブラームス)
●エリーゼの為に              (ベートーベン)
●ファイナルファンタジーより
  届かぬ思い〜メロディーズオブライフ   (植松伸男)
●オーベルマンの谷                 (リスト)





レーリンクさんの大きい事 大きい事
身長193センチだそうで・・・・ピアノが小さく見える(^。^)y-.。o○

日本に13年もお住まいで、日本語ぺらぺらでおしゃべりが堪能
ご自分で“おしゃべりピアニスト”と、おっしゃっていました。。

しかし、ベヒシュタインの音はまろやかですねぇ。。
長時間ピアノの音を聴いていると疲れることもありますが・・・・
耳にやさしい感じがしました。。

レーリンクさん曰く 「お花が咲いたような音」と。。

プログラムは、このベヒシュタインの音の特徴がよくわかる選曲らしいですが・・・
バッハの多声も、しっかり分けて聴けます。
まぁ、ピアニストの腕もあるかと・・・・・



コンサートが終わると、ここの特徴ですが・・・
舞台に上がって、実際に弾いたり見たりできるんです
画像


  なんと美しいんだろう  まさに音が出る芸術品です

ちらっと、触ってみましたが・・・とっても軽いタッチでした


ロビーで、CDを販売していたので・・・買いました

   「なぐさめ」

愛猫ヌキちゃんを突然亡くしたレーリンクさん。

愛する存在を失って、悲しんでいる人たちのこころが少しでも慰められますように・・・

と、このCDが出来たそうです。。

いやぁ、泣けます
私は、お月さまに旅立った プリンとあんこ を思って。。。


私の好きな “亡き王女のパバーヌ”も入っていました


画像


ちゃっかり、サインをいただきました

握手をしたその手は・・・やわらかく温かな大きな手でした




今回は、いつもご一緒していただく、ウフウフさんと村崎さん
  そして・・・・初めてお会いするマヨマヨさんと、楽しいひと時をすごしました^^

           ありがとうございました









            

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
レッスン日記・・・厳しくも楽しい最近のレッスン
レッスン日記、しばらくさぼっていました(汗;) と、言うのも・・・全然進んでないのよねぇ。。。 ...続きを見る
さくらこinなごや
2009/10/29 22:18

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
いいな〜!!ルイ•レーリンクさんのレッスンビデオを時々みて、実際の音色も聞いてみたいなーと思っています。(*^_^*)
あひる
2009/10/22 23:14
ベヒは戦前の物が良いですね、独特のふわりと広がる感じはまさにレーリンクさんが言ってたお花が咲く感じです。ピアノの貴婦人と呼ばれていたメーカーだけのことは有りました。
それにしてもレーリンクさん大きい人だね〜
まだお店に有ると思うから土曜日などレッスンに行った帰りによって弾かせて貰うと良いよん。
ウフウフ
2009/10/23 14:17
あひるさん、こんばんは^^
私も、時々レッスンビデオ参考にさせていただいていたので、生のレーリンクさんにお会いできて感激しました♪
音色は、包み込むような温かな音色かな?
思わず、コックリしそうでした(汗;)
さくらこ
2009/10/23 21:50
ウフウフさん、いつもありがとうございます♪
私も最近思うのですが・・・国産ピアノは良くも悪くも、あまり人を選ばない。
ドイツのピアノは、弾き手がそれなりに弾かないと味が出ないのかなぁと。。。
ドイツのピアノを弾きこなせるようになりたいで〜す♪
あ、うちのピアノドイツだった(爆)
そうそう、買ったCD、ベヒシュタイン使用でした♪
よかったですよ〜(^o^)丿
さくらこ
2009/10/23 21:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
ルイ・レーリンク ピアノコンサート さくらこinなごや/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる