さくらこinなごや

アクセスカウンタ

zoom RSS レッスン日記・・演奏会用レッスン

<<   作成日時 : 2011/02/01 22:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

さて、来る5月29日(奇しくもダービーの日)のピアノサークルの演奏会に向けて、最終選曲をしました。

オールショパンで行きます

  プレリュード4番・6番・7番(太田胃散)・9番・10番・15番(雨だれ)
  ワルツ7番(嬰ハ短調)



プレリュードは「雨だれ」以外は短い曲ばかりなので、
曲目多そうに見えますが、これでだいたい18分くらいになります。

ちょうど時間的にはいい感じです^^



で、レッスンも・・・ハノンとバッハは必須ですが、
この中でプレリュード9番・10番とワルツ7番を重点的に取り上げてもらっています。




  ・ハノン40番 半音階
  ・ハノン39番 音階f moll
  ・ハノン41番 アルペジオf moll
  ・バッハ 春秋版 シンフォニア14番 インベンション14番(復習)
  ・ショパン プレリュード9番・10番
         ワルツ7番




バッハ・・・インベンション14番の復習が追加されました。
思い出しながら、何とか音はとれているので、軽やかさを出すように。

シンフォニアは、がんばり過ぎないように、音が固くなるからです。





ショパン(ワルツ7番)・・・この曲はもうかれころ7、8年前に習った曲。
当時は、とりあえず弾いたと言う感じで、納得いくものではありませんでした。

それを、今回人前で弾けるレベルまで上げたいと思っています。
なぜなら・・・大好きな曲だから


画像


当時は、冒頭の右手の和音。
実は、和音ではなく、2声として弾く事を教えてもらったんだけど・・・解らなかった(^_^;)

今ならわかる

これはバッハをしつこくやってきたお陰です。


今回は、これ以上深く掘り下げたレッスンをしてもらえるはず・・・・


ハイ
いきなり言われました・・・・・左手のベース進行を考えて弾くように

そしてワルツのペダリングの方法。
ベースの音をちゃんと響かせないと(同時に踏む)ワルツにならないのです。





さて、さて、苦手な3拍子。
どこまで克服できるでしょうか・・・・・・・









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは♪

ショパンのワルツ7番、私も大好きです。
最近はちょっと足が遠のいてますけど(^_^;)

そうそう、ワルツのペダルって難しいと感じます。
軽やかさってどうやって出すのか・・・
自分でズンチャッチャって踊ってみると
感覚がわかるのかなぁ〜

弾けば弾くほど奥が深く感じるワルツです。







Lisa
2011/02/01 23:13
Lisaさん、こんばんは^^
ワルツのペダルって特殊ですよね。。
音の頭で踏むって感じかなぁ〜(^。^)y-.。o○
そうそう、5月29日(日)だけど、お時間あったら演奏会、聴きにきて下さ〜い(^o^)丿
まだ、先の話ですが・・・・(苦笑)
さくらこ
2011/02/02 22:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
レッスン日記・・演奏会用レッスン さくらこinなごや/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる