さくらこinなごや

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画『ショパン 愛と哀しみの旋律』

<<   作成日時 : 2011/05/05 22:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

今日、この日を狙っていました・・・だって・・・木曜(レディースデー)なんだもん
いつものように女装して・・・ちゃうちゃう
場所は伏見のミリオン座
昨今のシネコンとは違う、小じんまりと落ち着いた映画館でした。。

          『ショパン 愛と哀しみの旋律』
画像




物語は、早い話、ショパンとジョルジュ・サンドの愛と別れ

その全編に、ショパンの美しい旋律が流れて・・・ショパン好きにはたまらない

冒頭の、エチュード「木枯らし」が波乱の人生を演出。

ところどころに、ワルツ19番ノクターン21番が挟み込んであって・・・・
  特にノクターン21番は私も弾いたことがある曲なので、その美しい旋律を再確認。


祖国を追われたショパンが馬車を走らせるところは「革命」
ジョルジュとの逃避行のマヨルカ島では「雨だれ」
                           などなど・・・・


もう、それだけでよだれモノですわ〜〜〜




しかし・・・・この二人。
と言うか、ジョルジュの息子と娘も入れて四人の関係は、とってもシリアス。

古今東西、母と息子 母と娘 の関係は難しいもんですねぇ。。

そこに、ショパンが加わって・・・・さらに複雑な家庭環境。

後半はジョルジュとの関係も母と息子のような関係になっていったんだろうなぁ〜。。




生誕201年。
恐れ多くも、今年、私が演奏会で弾くのはショパンのプレリュードとワルツ

今回、こんな映画を見て、ショパンの曲を弾くことに当たっての喜びと・・・同時に怖さを実感しています。

ほんの少しでも、ショパンの内面を表現できたらいいのだけど・・・・と、思う今日この頃です。



ショパン好きの方、必見の映画ですよ〜〜




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ミリオン座ってのがマニアックですね、一度閉館して復活した様な記憶がありますが、こういった小劇場は映画ファンはまめにチェックしてるらしいですよ。
さて今回の映画ショパンファンには垂涎?の映画かな?
そのうちテレビで放映してくれると良いなぁ、多分深夜の時間帯だろうけど・爆
15日はまたバロックさん行きましょうね。
ウフウフ
2011/05/06 19:33
ウフウフさん、毎度♪
だよね!マニアックな映画館って感じしました(笑)
大きなシネコンより落ち着くんだわ〜
そうそう、ショパン好きには涎が・・・・
しばらく、ショパンしか弾く気がしなくなりますよ(笑)
はい、15日またご一緒お願いしま〜す
さくらこ
2011/05/06 21:54
さくらこさん
この作品新しいのですか?
観たいので調べてみます。
去年ショパンのすごーい昔の作品が特別にあったのですが行かれませんでした。
それと違うような気がする。

4月は清塚さんのコンサート多くてリサイタルでは一部オールショパンでそれも大好きな曲ばかりで嬉しかった。

ジョルジュとの愛も謎めいているし観たいわ〜
ponytail
2011/05/09 12:58
ponytailさん、この作品、今プログラムみたら、2002年作品だったわ(^_^;)
でも、公開はこの春だと思うんだけど・・・
ポーランド映画だからすっご〜いマイナーな映画だよね。。
でも、ショパン好きなら観て損はないと思いますよ!
いいですねぇ。。清塚さん!
最近、私、コンサート行ってないので、行きたいです!
さくらこ
2011/05/09 22:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画『ショパン 愛と哀しみの旋律』 さくらこinなごや/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる