さくらこinなごや

アクセスカウンタ

zoom RSS レッスン日記&ツェルニーの是非

<<   作成日時 : 2006/08/21 23:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 13

今日は、ピアノを習ったことがある人は、必ず通る(最近は通らないか?)
そして、必ず?挫折するツェルニーの是非を書きたいと思います。


ツェルニー40番練習曲 全音ピアノライブラリー


その前に、一応レッスン日記を・・・

  ・ハノン39番 音階B moll
  ・ハノン41番 アルペジオB moll
  ・バッハ 春秋版 シンフォニア3番
  ・モーツァルト ソナタK280 第一楽章 ・ 第二楽章 来週より第三楽章        
  ・メンデルスゾーン 無言歌集 OP19,No3 「狩人の歌」





さて、本題のツェルニーのお話

結論から言うと・・・個々の弱点やら課題が違うので、師事している先生にご相談下さい。
あ!話がおわっちゃった〜(笑)


では、私の場合をお話します!

小学生の高学年だったかな?
バイエルを終えて、ツェルニー30番を手にしたのは・・・・。
この頃は、進むことがうれしい頃で、30番はそう、苦労はしなかった。

が、中学生になって、40番に進んだ頃から、壁にぶち当たった!!
今、考えると、その時の先生が弾き方は教えてくれても、
練習方法を教えてくれなかったから・・・だと、分析する。

壁をのりこえられず・・・・ピアノを断念することに(-_-;)
                   ・・・・ほらやっぱり挫折した
それから・・・・・・なが〜〜〜いブランク





結婚、出産、育児〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜。



子供にちょっと手が離れたので
30代で、再度チャレンジ

新しい先生のもと、再びの40番の挑戦でした!
そして・・・なんと40番を二順したのです!
一回目は、ゆっくり。。
二回目は・・・・・速度をだす。。

とりあえず、二順したところで、諸事情によりふたたびブランク〜〜〜〜〜





離婚、転居、仕事の復帰 再婚


私はと言うと・・・40代になっていました(爆)

そして、今の先生に出会うことが出来て、
なんと!3回目の40番を・・・・!
・・・・・ここまで来ると、さすがにある程度の速度は出るようになった。
そして、気づかないうちに・・・・子供の頃の壁がなくなっていたのです!

うれし〜〜です。
無味乾燥、ちっとも楽しくないツェルニーが、今のテクニックの基礎となり、
ある程度?の曲は楽しんで弾けるようになるんですから・・・・。

画像


              使い古されたツェルニー40番 
 
もっとも、これから先は、そう残された時間?がないので、50番に進むのはヤメました(^^ゞ

先生は、それより、モーツァルトのソナタを練習曲代わりにるすことを勧めれくれたのです。

今、レッスンしている曲K280も、こんな、十六分音符のジグザクした、練習曲っぽい部分がいっぱい出てくるんですから。。。

画像



さて、結論は↑で言いましたが・・・。
このツェルニーで、ピアノ嫌いになってはいけませんが・・・、
ある程度、我慢して30番なり40番をやることによって、(練習目的を確認しながら)
その先に広がる世界は、やる前よりは断然広がることは確実でしょう。。。




人それぞれ、課題がちがうしピアノの道はちがいますので・・・・。
先生とよ〜〜〜〜くご相談くださいませ♪



                あぁ?私の半生も暴露しちゃった(爆)

ツェルニー40番練習曲 全音ピアノライブラリー

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(13件)

内 容 ニックネーム/日時
さくらこさん、こんばんは!
おじゃまします!
さくらこさんの数奇な半生、読まさせていただきました。
さて、ツェルニーですが、ROROもこれで挫折した口です。
このよさが子供心によくわからず、無理に弾いていたので楽しくないのは当たりまえです。
ここでこの良さが理解できたら、う〜んと上達するんでしょうね。
ROROはまだわからないでいます!?
RORO
2006/08/22 02:42
さくらこさん、こんにちは〜
私はエレクトーンしか弾いた事がない人なんですが、指が(特に左手)動かない、たまに怪しすぎる指使いをするのを矯正したくて、先生の勧めでツェルニー30番を弾き始めました。
がっ!!!最初の方しかやってませんが難しいですT_T
指定された指使いで弾けない・指定されたテンポでは絶対に弾けない・・・
テンポは遅くて良いので指使いだけはきちんとしてと言われているので、たまにやっています。
ピアノを弾かれる方ってこういうことをコツコツやっていらっしゃるから、指がスラスラ動くんだなって実感しました。
両方の指がバラバラにスラスラ動けるように頑張るぞ〜(でも挫折しそう^^;)
まみ
2006/08/22 09:20
さくらこさん、その節はお世話になりました。
オルガンオフの時、さくらこさんの演奏、興味深く聴かせて頂きました。
ショパンのトリルが綺麗でした、やっぱり基礎練習の賜物ですね。
ROROさんのBBSでは偉そうな事言ってますが練習は嫌いです。
最近はピアノのレッスンも多様化してきて、教材も豊富になりましたね。
大人の方でさくらこさんのようにピアノの王道行かれてる方っで少ないかもしれませんよ。
家にも大人の生徒さん数人いらっしゃるのですが一人の方はピアノの王道やってもらっています。指が動いてくる自分を実感できるとおっしゃいます。
今日やって明日結果が出るという訳ではないので、好きな曲を併用してですが。
さくらこさんの半生・・ご苦労もあったと思いますが今はお幸せそうで何よりです。じゃがいも入りのゴーヤ作ってみました。美味しかったです。またお会いできる日を楽しみにしています。
MILKY
2006/08/22 11:25
ツェルニーって確か練習したような?
という曖昧な記憶しかない私です(^^;
たぶん全部はやらないで、先生の指定
するトコだけ練習した気がします。
明日は1ヶ月ぶりのピアノのレッスンです。
ショパンのワルツを練習に取り入れました。
でも、増やしても練習する時間があるか?
心配です〜(笑)
よしの
2006/08/22 20:44
ひとつだけ、お詫びします<(_ _)>
記事中に「無味乾燥」を使っていますが、決して意味がないということではなく、音楽的に楽しくない曲という意味です。私の主観的な意見ということで、ご理解ください♪

ROROさん、ようこそ^^
いつも、ROROさんのピアノ、エレクトーンに向かわれている姿を拝見して、すごい影響を受けています・・・。
「チェルニー」も「ハノン」もなくてもあれだけの腕前なんて!!!
きっと、持って生まれた物をお持ちなんですね〜(*^_^*)

まみさん、いらっしゃいませ^^
左手・・・私も苦戦しています(^_^;)
左手メロディーのバッハは特にハチャメチャになりますよ・・・・(^^ゞ
左手がうまくいったら、エレクトーンでも楽に弾けると思いますよ〜。。
そういう意味ではツェルニーは有効でしょう。。
先生が勧めてくださっただけありますね♪
さくらこ
2006/08/22 21:31
MILKYさん、いらっしゃいませ(*^_^*)
「ピアノの王道」とは言え、いろいろ紆余曲折があって、今のスタイルになりました。。
もちろん、「ツェルニー」に関しては記事に書いたとおりですが・・・。
「ポピュラー」やら「映画音楽」やら軽音楽もかじりました(^^ゞ
でも、目標がさだまったので(巨匠を弾きたい)今は、こんなレッスンを受けています。
また、気が変わるかもしれませんが・・・(^^ゞ
>今日やって明日結果が出るという訳ではない
そうですよね〜^^
長い道のりなんですよね〜^^
でも、ほんの少しでも上達できれば・・と思っています。。
ゴーヤ料理作られたんですね〜♪
はい、またお会いできるといいです!
お会いできると思いますよ(^o^)丿
さくらこ
2006/08/22 21:40
よしのさん!
よしのさんとは、競馬の話OK、ピアノの話OKで、ほんと、楽しいです!
ショパンのワルツですか?
・・・何番をやられるのかな???
私は今秋、アンサンブルのアレンジですが「華麗なる円舞曲」弾きます!
お互い、がんばろ〜ね♪
・・・・・お馬もね♪
さくらこ
2006/08/22 21:44
懐かしい〜!
子供の頃習っていました。
その時の先生はハノンとツェルニーが大好きだった。
特にあの味気無いハノン。
単にスケールの練習に見えて実は奥深い?
単純な物事程奥深いってか・笑
普通に楽譜通り弾いて一巡したら今度はスタッカートとシンコペーションでもう一巡。
『指使いの練習には本当に大切だからハノンはずっとやらなきゃだめだよ。
ゆくゆくベートーベンなんかやる時が来ると分かるから云々』

楽譜は先生の赤鉛筆のチェックだらけ・・・
この時の先生の赤鉛筆チェックが今日の私の競馬新聞赤鉛筆チェックのルーツになっているのは言うまでもない・爆

諸事情有って小五で止めちゃいましたが、その時やっていたのが40番でした。
 
今なんかバイエルですらよう弾かん!
ウフウフ
2006/08/23 19:54
ウフウフさん、毎度!
いやぁ〜、ウフウフさんもピアノ少年?だったのね♪
そう、いろんなリズムで弾かされます・・・(^^ゞ
でも、指の独立と、手首の使い方、肘の使い方などなど・・・、学ぶことはいっぱいあります。
子供の頃はそんなこと全然わかってなかったけど・・・。
赤鉛筆!?ウフウフさんらしいなぁ(笑)
しかし、小五で40番とは???
天才系?ウフウフさんって(V)o¥o(V)
さくらこ
2006/08/23 20:59
ツェルニーやりましたよ〜
cottonが正式にピアノを始めたのが中学に入ってからです。ハノン、チェルニー、ソナチネ、途中からバッハのインベンション。一日3時間以上は楽しくて弾いてました。だって自分の部屋にピアノが来るなんて夢みたいな出来事だったんですよね。だからピアノも部活も勉強も頑張ったんだよね。それに、一番は先生との相性が良かったせいかな。それでも電子オルガンに出会う高校2年までかな、続けたのは。今、ピアノ再開しようとしたら一日最低4時間はエレとピアノに時間が必要。殆ど諦めてます。
cotton
URL
2006/08/24 02:28
cottonさん、こんばんは^^
そうそう、cottonさんもクラシック少年だったんだよね〜♪
と、いうことは・・・ツェルニーで挫折していないんですね〜、スゴイですぅヽ(^o^)丿
今度ご一緒した時、電子オルガンの魅力も教えてもろおっと(*^_^*)
・・・・すっごいたのしみです♪
さくらこ
2006/08/24 21:02
ツェルニー なつかしぃ響き
30番、40番 あったねぇ。
基礎練習は、緑色のでっかい楽譜のやつでやったのを覚えている、楽譜の名前、忘れた。
あと、全部で60曲あるやつもやった、なんだっけ。60曲を一気に全部やると1時間くらいぶっ通しだった気がする。それを終えると、魔法にかかったように指が動いたのを覚えてますね。
一番真剣にやってた頃は、60曲をざぁ〜っと弾いて、それからソナタをやったと思う。今やったら、いや、今はもう指が動かなそうです(汗)
けんにぃ
2006/08/26 00:05
けんにぃさん、いらっしゃい^^
へ〜、すごい、40番まで習ってらしたんですね〜ヽ(^o^)丿
緑のでっかいの、「ピアノのテクニック」っていうのじゃなかったっけ?
あれ、私もやりました!
60曲あるのは・・・ちょっとわかりませんが、ハノン系であったような??
けんにぃさんも、またピアノ再開されませんか〜??(V)o¥o(V)
さくらこ
2006/08/26 20:49

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
レッスン日記&ツェルニーの是非 さくらこinなごや/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる